« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

寒いっ!

東京ではちょっと暑いくらいのコートが札幌到着すると寒っ!

雪!

昨日までは暖かったらしい・・・冬の札幌を満喫しよう

Img_1330 ←早速お昼はスープカレー。

「ひげ男爵」というお店へ。

ひげをはやした人は100円割引だって。

Img_1329 ←私はひげのブローチをしてたのですが・・・割引ではありませんでしたなんて当たり前だぜ。

昼食後は劇場で打ち合わせをして、本番ゲスト出演していただく札幌の役者さんのWSオーディション。プチコラボです。

Img_1333

夜は道が凍ってスケートリンクのよう。

←こんなの初めて見た!流石!

Img_1331 ←大通りのイルミネーションが素敵♪

Img_1332_2 明日から劇場入り!

| コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

最後の稽古

「ゼロから始める」最後の稽古。

Img_1325 ←通し稽古を観に来た瓜生君と木下君。差し入れのクリスマスチョコを持ってカシャリッ!!

明日から札幌です。

本番は2日19時半

3日は14時 18時です。

お近くの方是非いらして下さいまっせ!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

洒落袋

街はいつの間にかクリスマスのイルミネーション。

今年もあと1月半で終わり。早いっ!

年をとるごとに1年経つのが早く感じる。

高校の時、ちょっと変わった政経の先生(男)が、大晦日はその年に買ったレコードを聴くんだと、それが楽しみなんだと言ってたのをなぜか今でも覚えてる。その時は、寂しい大晦日じゃんと思ったけど今はそうは思わない。

あの時先生は何歳だったんだろ?

Img_1316_2          

←ちょっと前に着物屋さんで見て気になっていたヴィンテージ帯を購入。

おしゃれな柄の袋帯なので洒落袋というらしい。

亀甲に来年の干支龍。お正月に締めたいなぁ~。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

人妻劇団

急に寒くなってきた。

もう11月だもの。もう冬だ。

来月は寒ーい札幌へ行くんだ。

札幌と言えば夏に教文フェスティバルでWSをやらせていただいた。

Img_1166 ←お世話になった職員の山下智博さん(やまぴーと一文字違い!)

毎回出演者を募集して街で演劇を突然やるという札幌ハプニングというユニットもやっている。

札幌芸術の森で札幌ビエンナーレのプレ企画を現在開催中。

札幌ハプニングも参加します。

詳細は山下さんブログ→http://yamashita-tomohiro.com/

半袖のスーツに白菜のループ帯で超個性的おじさんに見えるけどまだ20代半ば!!!

面白いことたくさんやってる人なのでまたお会いできるのが楽しみ~。

タンバリン札幌公演ではまたアフタートークもやります!

出演していただくHTBの藤村さんが「水曜どうでしょう」のページで宣伝して下さいました!

こちら→http://www.htb.co.jp/suidou/ 読んでいただくとタイトルの意味がわかります。

札幌にお住まいの方、知り合いのいる方、またこの時期遊びに行くよという方是非是非観に来て下さいっ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

女の表の顔裏の顔

同タイトルでラジオドラマの脚本、演出をしました。

主演は広瀬アリスちゃんです。

Img_1309←相手役はうちのミギタです。

12月16日~全5話です。

2話目にうちの遠藤も出演してます。

是非聴いて下さい!

詳細はこちら→http://nestle.jp/brand/cafe/radio_kitchen.php

スタジオが月島の近くだったので、

Img_1314←もんじゃをごちになりやした~!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

貴人

しばらく行けなかったお茶の稽古へ。

今日から新しいお点前「キリンだてをやりましょう」と先生に言われ、

キリンだて?

キリンってどんな字書くんだろう?

と思っていたら、

貴人点(きにんだて)でした。

高貴な方に対してのお点前。

お茶碗を貴人台という木でできた台に乗せて点てる。

色んなお点前があり奥が深い。

Img_1308_2 稽古の後は芝居の稽古へ。

稽古場入口で声をかけられる。

ENBUゼミで私のクラスだった子。

今週末本番で最後の稽古だと。

ENBUゼミと言えば、「大人のための演劇講座」というのをやります!

ゲスト俳優で文学座の坂口芳貞さんに出演して頂きます。

詳細はこれです→http://enbuzemi.co.jp/otonaengeki/

只今絶賛募集中です!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

要約

太田省吾さん作「砂の駅」を観に行く。

初演は93年なので18年ぶり。今回演出は韓国の方で韓国との合作。

当時青年団にいたのでオリザさんの影響で太田さんのお芝居は欠かさず観ていた。

初めてみたのが「砂の駅」

セリフもなくゆっくりと動く。

太田さんの著書の引用がパンフに載っていた。

【「今、ここで」とは、生の時間ということだ。要約できない、記録できないもののことだ。私は演劇とは、こういう時間に触れようとする望みのものだと思っている】

時間を概念化し要約されることを拒みたいと言っている。

スーツケースを持ってゆっくりと歩く人たちを観る。

セリフがないので展開を頭で整理し追うこともない。

そこに居る人たちを見る自分。

この人たちはどこに行くのだろうか?自分は今どこに行きたいのだろうか?

なんかワイズマンの映画観てるみたい。

太田さん演出の初演のインパクトが強く当時の記憶を追って観てた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

11月

11月になったのに暖かい。

寒いのは苦手なので過ごしやすくいいけど、紅葉が少し遅いような気がするのは温暖化を気にし過ぎか・・・。

最近はドキュメンタリー映画ばかり見てる。

Img_1307 ←今日は平野勝之監督の「監督失格」

平野監督の元恋人でAV女優の林由美香のドキュメント。

途中から呆然だった。

どう観るか、どう受け取るか、ドキュメンタリーの面白さだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

25年分

世田谷で高い放射線量が検出されたとニュース。

このようなニュースを聞くたびに先日見た遊園地再生事業団「ト―タルリビング」のセリフ

「もう日本で安全なとこ、無くね?」

が頭を過ぎる。

25年前チェルノブイリで原発事故があった時の危機感。

お芝居の最後の方で「契約の箱」が降りてくる。

それを見て思い出す。

あの時の危機感をいつの間にか箱に閉じ込めてしまった。と。

バブリ―な時代。

毎日の生活。

蓋を開けて思い出す。

なんで忘れてしまうのだろうか。

そして、今年の事。

もっと危機感を感じなくては。

だってもう・・・。

と日々ぐるぐると廻る。

そしてお芝居と現実の間もいったりきたりだ。

宮沢さんはすごいな。

「契約の箱」は聖書にでてくる十戒を収めたと言われる箱。確か映画「インディージョーンズ」にも出てきてた。私が思ったことよりもっと違う意味もあるのだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »