« 梅雨明け | トップページ | 誰のために咲いたの? »

2011年7月11日 (月)

ピエタ

ここ何日かまた地震。

毎月11日が近づくとある。

11日が近づくと緊張する。

昨夜は3月の公演「お散歩」で曲を作ってくださった福原まりさんのライブへ。

米田春香さんの映像でまりさんの生ピアノ。

「お散歩」の曲も演奏。

あの頃が甦る。ってそんな前のことじゃないけど

生で聴くと感動

ライブでも演奏した「ピエタ」という曲が大好き。

Img_1074_2 ←「ピエタ」というアルバムに入ってる。

←ジャケットデザインは米田さん。

こちら→http://www.youtube.com/watch?v=0jQok0wlkdk&feature=related

米田さん映像で「ピエタ」聴ける。

Img_1072_3 ←もうひとつの「ピエタ」

大好きな大島真寿美さんの小説。

ヴェネツィアの孤児たちを養育するピエタ慈善院で作曲家ヴィヴァルディは音楽を指導していた。その教え子たちの物語。

と言うとなんか硬そうだけど18世紀の物語とは思えない!芸術家として、女として、孤児として、貴族として悩んで生きていく様は今の時代と変わらないからだ。

後半とてもいいシーンがあり、びっくり&鳥肌

« 梅雨明け | トップページ | 誰のために咲いたの? »

コメント

はじめまして。

 秋の夜長、「ピエタ」大島真寿美著を読み始めました。好きそうな感じなので、楽しみです。

 先日、「マリアの涙」ピーター・シャビエル著を読みました。こちらの表紙は、鮮やかなブルーのミケランジェロのピエタの表紙でした。 以前、新刊ラジオで、プロローグを声優さんが演じていたのに魅せられて、
 
http://www.sinkan.jp/radio/radio_1374_2__%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B6%99.html

本棚で温めていました。

 イタリア、東京、京都が舞台の、ミケランジェロのピエタのレプリカの破壊事件の謎解きのミステリー小説です。映画化されたら、切ないほど美しい作品だと思いました。

投稿: ハーブ | 2011年10月18日 (火) 21時48分

ハーブさん、コメントありがとうございます。

「マリアの涙」読んでみます!

投稿: ピロ | 2011年10月20日 (木) 12時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピエタ:

« 梅雨明け | トップページ | 誰のために咲いたの? »