« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

戻り梅雨

夜中に地震で目が覚めて、そのまま眠れなくなり本を読んでいたらいつの間にか昼過ぎまで寝てしまった。

昨夜はウリとミギー出演のリーディングへ。「コ・ト・バ」というタイトルで色んな人の本をランダムに色んな人が読む。演出は花組芝居の水下さん。

谷川俊太郎の「朝のリレー」とか金子光晴などなど。「生きる」ってことがテーマだったような気がするのだが・・・。入場料の一部を義援金として募金するというのを聞いて、なるほど。

ウリ&ミギーは2日間の公演で今日のみ出演。二人だけのリーディング。焼きそばやお弁当、サンドイッチやビールを食べたり飲んだりしながらで面白かった。

それを見てて、どんなにおいしいものでも、食べる場所や状況で不味くなったりするもんだよなと。その逆もあり。

向田邦子のエッセイを思い出す。病気で通院してた時帰りに食べた鰻より空襲後いつ食べられなくなるかわからない状況で家族みんなで食べたさつまいもの方がおいしかったと。(記憶が曖昧なので若干違うかも。確か「父の詫び状」に載ってたエッセイ)

Img_1154 ←先日渋谷で打ち合わせの帰り、PARCOの前にベアブリックが!

Img_1157 ←みんな写真撮ってた。

遊びに行きたーい!けど夏は仕事。

今週末は札幌でWS。

お近くの方是非に!

詳細はこちら→http://kyobun-enfes.com/wp/?p=56

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

なでしこ

今日から夏が戻ってきたようだけど、どうしたの?っていうくらい涼しく過ごしやすい日々。

お茶の稽古で出たお菓子がピンク色でかわいくてじっと見てたら先生に「それなんだと思う?今話題の花だよ」と言われわからなかった。

答えは「なでしこ」

なでしこってどんな花?

東京の人は見たことないのねーと先生。

東京以外なら普通に咲いてるのか?

てゆうか、なでしこが花だってこと忘れてた。

「やまとなでしこ」って言葉の印象が強い。

私が中学生の頃SONYがウォークマンというポータブルプレイヤーを出しヒットした。

以来SONYのものじゃなくてもウォークマンと呼んでしまう。

言葉の印象。

名前の印象か。

今じゃなでしこと言えばなでしこジャパンだけど。

本日は下北で下北のイベント。

下北沢(東京)で下北半島(青森)のイベント。

Img_1144 ←主宰は青森県下北出身のしまぷぅ@島野温枝嬢(左)

右は男前過ぎる女たじー@田島冴香嬢。

劇団員のイベントに必ずくるメンバーは決まってる。

Img_1142 ←たじーとOK@大田景子嬢(中)

右はしまぷぅ夫。

Img_1145 ←右にいるミギー。

真ん中はミギー夫。左はN氏。

必ず来るメンバーには愛があるのかただ暇なのか。

いや、愛だろ。

Img_1147 青森出身のミュージシャン、芸人さんたちが出演。

会場では青森の食材なども販売。

青森の海鮮は激うまっす

だけど、あっという間に売り切れ。

Img_1143 ←楽しそうなOK。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

ハピネス

台風だ。

夜は結婚パーティーへ。うちの看板女優(と言われてる男優)瓜生君と劇団散歩道楽で制作をやってるいしいせつこさんのパーティ。

←たじー@田島冴香が作ったウェルカムボード。ボードではなく粘土細工。

パーティーは新郎新婦の「世界中の誰よりきっと」のデュエットで始まった。

ウリらしい始まり方。

Img_1114 ←結婚式と言えばたじー。

毎回、照明、音響、司会、ヘアメイクなどなど何かしらをやってる。

今回は司会。

Img_1115 ←右の男性は散歩道楽の主宰で作、演出の太田善也さん。そのスーツ親族みたいだぞ~。緊張して手に汗が~という太田君がまた親族みたいだった。

寄り添ってる女性は劇団タテヨコ企画の主宰、舘ちん。

Img_1103 ←左手の薬指キラリのウリを囲んで男優たち。

昨日のタンバリン稽古は今日の余興練習。だけど全員出演してるので写真がない・・・。

Img_1118 ←散歩道楽の人たちは歌とダンスとメッセージ。パーティーの最後で。

Img_1127_2 ←みんな

Img_1128 ←楽しそう。

普段しっかりしてくれよとかがんばってくれよとか劇団員に色々ストレスを感じてるけどこういう時にいいもんだなと思ったりして。

幸せが幸せを呼ぶんでしょうか。

Img_1094 楽しいパーティーでした。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

連休か・・・

悶々と・・・。

暑過ぎてぼんやりしてしまうのか?

思考能力低下・・・仕事がはかどらない。

Img_1086 ←夕方からタンバリン稽古。

←ミギー必死。

何の稽古でしょ?

Img_1088 ←リーダー@森君が帰省していてお土産。

←これ、私知らないけどすごい人気らしい。

Img_1087_2 ←ドアラちゃんのうまい棒。

他にも何人か帰省してたようで、なんで?と思ったけど連休だったのですね。

なでしこジャパンも会社員の人達仕事あるのに朝まで見てるのかぁ・・・と思ったけど連休だったのですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

ラン

運動不足で最近ジョギングをしてると友人に言ったらホノルルマラソンに誘われた

いきなり42キロは・・・それもホノルルで・・・暑そう・・・

皇居の周りを走るのが流行ってるみたいで、ロッカーやシャワーなんかちゃんとあるらしい。

土日はすごい混んでると聞いたけど・・・わざわざ皇居まで行くのもな・・・。

取り敢えずホノルル目指して続けよ

夜中変な時間に目が覚めてDVDで「地獄に堕ちた勇者ども」を観た。なぜだかむしょうに観たくなって・・・。

ヘルムートバーガー美しい・・・。

途中うとうとして全部見れず、テレビにするとなでしこたちが・・・。

勝ったのね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

夏の空

執筆と暑さで唸る毎日。

時間が経つのが早くて焦る(汗

Img_1078 ←おやつはほぼ毎日ガリガリ君。

やっぱソーダ味が

下手すると家から一歩も出ないという日が続くので夕方は散歩に出るようにしている。

近くの大きな公園へ。

Img_1082 公園といっても遊具はなく広ーい芝生のみ。

小さい子供や犬の散歩をしてる人がたくさん!

「お母さんはここで空見るのが好きなの」と小さい子供を連れた人が言ってたけど、

←公園で見る空は広く気持よく、青い空と沈んでいく太陽の赤のグラデーションがとてもきれ~!

切り替えて机の前へ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

誰のために咲いたの?

誰のために咲いたの?

それはあなたのためよ~♪

ってのは子供の頃流行った「ひまわり娘」という歌。

小学生のころ朝顔もへちまもひまわりもうまく咲かせることができなかった。

植物との相性ゼロ。

ではなく、世話をしない自分が悪い。

Img_1077 ←「ロマン」で使ったパキラ。大きくなったよ。

パキラは強い。

私でも育てられる。

Img_1075 ←トマトのパフェ。

今日は友人の誕生日でみんなでランチ。

Img_1076 ←トマトおいしい!

野菜がおいしい季節。

プチトマトも育てられなかったなぁ・・・。

劇団員の青山君はベランダでハーブやプチトマト、しそなんかを育ててるんだぜ。

以前わけてもらったけどやはり私ではだめで全滅・・・。

トホホ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

ピエタ

ここ何日かまた地震。

毎月11日が近づくとある。

11日が近づくと緊張する。

昨夜は3月の公演「お散歩」で曲を作ってくださった福原まりさんのライブへ。

米田春香さんの映像でまりさんの生ピアノ。

「お散歩」の曲も演奏。

あの頃が甦る。ってそんな前のことじゃないけど

生で聴くと感動

ライブでも演奏した「ピエタ」という曲が大好き。

Img_1074_2 ←「ピエタ」というアルバムに入ってる。

←ジャケットデザインは米田さん。

こちら→http://www.youtube.com/watch?v=0jQok0wlkdk&feature=related

米田さん映像で「ピエタ」聴ける。

Img_1072_3 ←もうひとつの「ピエタ」

大好きな大島真寿美さんの小説。

ヴェネツィアの孤児たちを養育するピエタ慈善院で作曲家ヴィヴァルディは音楽を指導していた。その教え子たちの物語。

と言うとなんか硬そうだけど18世紀の物語とは思えない!芸術家として、女として、孤児として、貴族として悩んで生きていく様は今の時代と変わらないからだ。

後半とてもいいシーンがあり、びっくり&鳥肌

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

梅雨明け

梅雨明け。

梅雨あった?

これからまだまだ暑いと思うとしんどい

Img_1069 ←今夜はビアガーデンで一人芝居観劇。

周りには高い建物がないので気持ちよか~。

暑いけどビールがおいしい季節

Img_1070_2

←村上春樹の最新エッセイ本「村上ラヂオ」を購入したらこんなかわいいカードが!

イラストは大橋歩さん!

1冊目の「村上ラヂオ」から挿絵も描いてる。

大橋さんが発行してたアルネという季刊誌好きだったのにな。

あくせくと日々過ごしてるので村上春樹のエッセイを読むと落ち着いてのんびりした気持になれる。

Img_1071 ←先日これ観た。

「赤い靴」デジタルリマスター・エディション。

スコセッシが2年かけて修復した。

ブラックスワンと観比べると楽しいかも。

こちらもバレエのシーンが素敵。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

トカトントン

暑さで疲労する毎日

先日サンプル「ゲヘナにて」でお芝居の途中で学校のチャイムのような音が鳴ると照明は明るくなり演技が止まってしまうというシーンが何度かあった。

これはトカトントン?

太宰の小説で、敗戦を機に幻聴が聞こえる少年の話。何かに感激して奮い立とうとすると音が聞こえて虚脱感に襲われてしまう。

ここ数カ月の自分もそうだった。

音はしなかったけど。

鞭打って奮い立たせたけど。

虚脱感。

全てが嘘っぽく白々しい。

時間が経てば忘れて普通の生活に戻っていくんだな。

トカトントンを読み返してみた。

「身を殺して霊魂をころし得ぬ者どもを懼るな、身と霊魂とをゲヘナにて滅し得る物をおそれよ」

太宰はこれを書いた次の年に多摩川で入水自殺する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

コツコツとね

フランス語を勉強せねばと思いつつ進んでいない

レスコ氏が滞在中は頑張ってやらねばと焦っていたのに・・・。

日々の積み重ねが必要だってわかっていても・・・。

子供の頃、2学期が始まる直前に夏休みの宿題を焦ってやった。

試験の直前だけ勉強したり。

大人になったらそんな地獄から逃げられると思ったのに。

今も変わらない。

コツコツが大事です。

Img_1067 ←なんでしょう?

視力検査の記号みたい。

あの記号は「ランドルト環」 というらしい。

へえ~。

Img_1066 ←きゅうり!

Img_1068_2 ←きゅうりでひろこ。

なんてバカなことをしながら、暑さと執筆に唸ってる。

コツコツとね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

ヒロシマ

太田宏さん出演の「ヒロシマモナムール」を観に静岡SPACへ。

「二十四時間の情事」というタイトルでアラン・レネ監督の映画が知られてる。

けど・・・映画はだいぶ昔のもの。

原作がマルグリット・デュラス。デュラスと言えば「ラ・マン」。この「ヒロシマモナムール」も戦後の広島でフランス人の女優と日本人の男性が恋に落ちるというお話。

ほとんどがラブシーンでドキドキだったけど太田君の色気に釘付け。

広島の映像の中での二人のベッドシーンが生々しかった。

映画のほうも観てみたい。

アフタートークでこのお芝居は「忘却」がテーマなんだと言うのを聞いて野田秀樹さんの「オイル」のラストシーンを思い出した。

「たった一日で何十万人もの人間が殺された。」

「その恨みは簡単に消えるものなの?」

「どうしてガムをかめるの?コーラを飲めるの?ハンバーガーを食べられるの?この恨みにも時効があるの?人は何時か忘れてしまうの?」

忘れてはいけない。

そして変えていかなくてはいけないのでは。と、思うこのごろ。

Img_1063 ←劇場前に短冊!もうすぐ七夕なんだった。

Img_1064 ←うなぎパイVSOP。豪華。

ヒロシマを観に静岡に行った今日だけど、今年も広島アステールプラザでワークショップをやります!

8月~9月にかけて初心者向けの演技のワークショップです。

詳細は→http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/engeki/school.html#engi

お近くの方是非に~!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

じゅらい

梅雨はどこ行ったんだろう?

7月がやってきたけど既に真夏のように毎日暑い

真夏はどうなるの?

8月は札幌に行くので涼しいかと期待したけど昼間は30度超えてるらしい。

今年も次世代映画スキルマスターコースという映像制作のWSで札幌に行く。

毎年、最終的に小作品を作るんだが、小作品と言えばヨーロッパ企画が主催してるショートショートムービーフェスティバルは面白いので見てみたらと本広監督に勧められ今日は昼から観に行く。

毎年行こうと思ってたけど初めて見る。

毎年テーマがあり、今年は「SF」。

5分間という短い時間でみなさんそれぞれですごく面白かった。

特にヨーロッパ企画のメンバーのは展開が予想できないものが多く笑えてドラマがあって楽しめた。

上田さんだけでなく役者さんたちもクリエーターとしてすごいといつも思う。

終わって速効田原町の円のアトリエへ。

前田さん作、演出。前田さん独特の不条理な世界にいつも笑う。

新劇の劇団の方たちがどう演じるの?と思ったけどボソボソとだらだらと会話し、前田さんの世界の人となっていた。

Img_1061 ←ここは?

Img_1060 ←帰りは浅草神谷バーでごはん。

Img_1059_2 ←神谷バーと言えば電気ブラン。

ブランデーのカクテル。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »