« 秋の夜長 | トップページ | サイバー侮辱罪 »

2008年10月 3日 (金)

消えたサリー

台本を毎日書いている。ま、それが仕事なんだが。昨日今日は来週までに書かないといけない脚本をずっと書いてる。集中するまでに時間がかかる方なんだが、集中すると時間の感覚がなくなる。てゆうかあっという間に時間がたっちゃう。今日も朝から書き初めて気づいたら午後の3時だった。物語の中に入ってる。昔見た魔法使いサリーのお話を思い出した。サリーちゃんが樋口一葉の「たけくらべ」を読むと本の世界に入ってしまい現実の世界からいなくなってしまう。それを確かカブが見つけるんだったな。サリーちゃんは私が子供の頃何度も再放送をしてたので内容をほとんど覚えている。サリーはおせっかいな女で私は嫌いだったけど、最終回はいい話だった。

« 秋の夜長 | トップページ | サイバー侮辱罪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えたサリー:

« 秋の夜長 | トップページ | サイバー侮辱罪 »